ロゴ
HOME>トピックス>矯正するなら抜歯は必須?抜歯の必要性を理解しよう!

矯正するなら抜歯は必須?抜歯の必要性を理解しよう!

口元

矯正で抜歯が必要となるケースとは

歯並びの悪さで悩んでいる人が多いですが、目立つ八重歯がある場合は抜歯が必要になるケースがほとんどです。出っ歯や不正咬合、八重歯などで悩んでいる人は、まずは歯科クリニックを受診して、診察をしてもらい最適な歯列矯正の方法を提案してもらうと良いでしょう。20歳以上の大人の場合は裏側矯正や、透明なマウスピースを装着させて、歯を正しい位置に戻す治療を希望している人が多いです。マウスピースを使ったインビザラインの治療は、歯並びが悪すぎる場合は治療が出来ないケースもあります。八重歯がある場合は、ほとんどの場合は抜歯が必要になるので、医師に説明を受けることが大事です。信頼できる歯科クリニックを選ぶと、局部麻酔をしてくれるのであまり痛みを感じることはありません。

診察室

矯正治療はしっかりとした治療計画が大切

八重歯や出っ歯、不正咬合で悩んでいる人は、歯科クリニックで歯列矯正の治療を受けたい人が増加しています。歯並びが悪すぎたり、八重歯などがあったりする場合は状態の悪い歯を抜歯する必要があります。抜歯をするのに抵抗を感じる人も多いですが、極細の針を使って局部麻酔をしてくれるので、痛みを感じることはほとんどありません。一人一人の歯や顎の状態が違ってくるので、医師が診察をしてから判断をすることが多いです。従来の表側矯正を受ける時はもちろん、裏側矯正を受ける時はしっかりとした、治療計画を立ててもらう必要があります。歯の状態によって治療期間が違ってきますし、抜歯が必要ないケースもあります。抜歯が必要な場合は悪い状態の歯を抜くことが多いです。